魚が入りました

まず、報告から
今日は、佐賀市内唯一とも称される純系のニッポンバラタナゴの生息地に観察に行ってきました。
*すみません、カメラをもって行くのを忘れてしまい写真がありません。
ニッポンバラタナゴは環境省のRDBで絶滅危惧ⅠA類に指定されており、また、専門家によると、九州以外では関西の一部と香川県にしか生息していないようです。
九州北部はタナゴ宝庫で、ヤリタナゴやカネヒラ、さらには全世界で福岡県と佐賀県にしかいないカゼトゲタナゴまで、普通に見られることができます。

今回はトラップを仕掛けて採集してみました。取れたのは
・カゼトゲタナゴ 3尾
・ニッポンバラタナゴ 5尾
・アブラボテ 大量(笑
・ヤリタナゴ 1尾
・ヤマトシマドジョウ 1尾
でした。今回は観察のみですべて観察後リリースでした。次回行ったときは写真で紹介できたらと思います。
以上、写真はありませんが報告させていただきます。

さて、本題に入りましょうか
リセット後約1ヶ月の第二水槽にようやくお魚が入居できました。
今回入っていただくのは、カージナルテトラとHy.アマンダエ(レッドテトラ)です。
もともと第二水槽に入っていたロージィテトラなどは第一水槽(メイン)に入居してもらいました。
e0171510_23435874.jpg

カージナルテトラはバリバリの成魚です。
e0171510_23482272.jpg

レッドテトラも小さいですが素敵な魚です。

両種とも昨年の白点病の蔓延により大分数が減ってしまいました。もう少し数を増やしたいと思います。

日本産水草の植わっている水槽には、ビオからアブラボテとミナミヌマエビをお招きしました。
e0171510_23534864.jpg

アブラボテはタナゴの中では普通種ですが、飼い込むと飴色になって大変きれいです。人工飼料に慣れるのに時間が掛かるバラタナゴ類に比べると育成は楽です。
e0171510_23571661.jpg

ミナミヌマエビもビオにてかなり増えていました。

第二水槽の方はやっと安定期に入ってきたかなって感じですね。
e0171510_23583796.jpg

ベトナムゴマノハグサは今回はしっかり育ってくれました。軟水がよさそうです。
e0171510_003421.jpg

水草の密度は十分なので後はトリミングを繰り返して納得の形にするだけです。

ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-09-27 00:01
line

水草水槽管理、フィールド探索など、「水草」をとことん追求したブログです。


by itaduranikki
line