<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


リセット作業後編

前回は流木を組むまでを紹介しました。
それでは、いよいよ植栽です。
e0171510_17393961.jpg

流木はタイトで固定してあります。ただ、このままだとタイトが目立つので、タイトを隠すようにしてミクロソリウム・セミナローを置いていきます。
e0171510_1743174.jpg

写真は斜め上からですが、かならず正面からも見てバランスを確認します。
また、有茎草の植栽範囲を決めるため、楊枝を使って区切っています。
e0171510_17444537.jpg

今回使用する水草は、すべてうちのファームから調達しました。
結局新規購入は無しです。
e0171510_17463717.jpg

有茎草を植える前に、流木がつかるくらいまで水を入れました。
こうすることで、モス、シダが乾燥する心配は全くありません。さすがアマゾニアⅡ、注水後の黄ばみは全くありません。外れのアマゾニアの場合は注水時からすでに黄ばみますもんね。
e0171510_17523323.jpg

後景のほうから植栽していきます。写真は、P.デカネンシスとロタラワリッキーを植え終えたところです。
e0171510_17483618.jpg

今回はベトナムゴマノハグサも使用しました。陰にならないところに植栽しました。
水上葉から植栽っていうのはおそらく前例がありません。
e0171510_17513178.jpg

後景の植栽を終えたら、あとは前景まで一気に植栽して、完成です。
写真では一瞬のように見えますが、結構時間がかかりました。
かなり密植したので、まるでダッチアクアリウムのようになりました。
これは先ほどの写真ですが、ソイル由来の白濁はすぐに消えました。あと、流木由来のうっすらとした黄ばみが出てますので、この辺は活性炭使えば軽減できるでしょう。

これにて、第二水槽のリセット作業はすべて終えました。
後は、換水やトリミングなど、恒例のメンテナンス作業が待っています。




ダッチアクアリウムは、植栽直後が一番美しい・・・。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-08-31 17:58

リセット作業前編

8月29日午後、予定より若干早目でリセット作業に入りました。
一番最後にリセット作業をしたのが昨年の9月ですので、約1年ぶりのリセット作業でした。
私の部屋は、庭から遠いわ、水を入れるためにはバケツリレーをする必要があるわで、リセットするときは手際よくやらないと、たかが60cm水槽とはいえ、めちゃくちゃ時間がかかるんですよね。
今回は何とか手際よく作業が進みましたが、やはり疲れました。

では、本題に入りますか。
まずは下準備
e0171510_2241239.jpg

リセットする水槽は木製の机の上なので、机に水がこぼれてもいいように黒いパネルを敷きました。
あと、部屋はきれいにしておかないと危険を伴いますw

そしてリセット作業へ
e0171510_22424898.jpg

まずが有茎草を根元からざっくり切ります。
今回ソイルは交換するため、水草の根が残っても問題はないですね。こうすることによって、水の濁りも防ぐことができ、魚が掬いやすくなります。
約5分足らずですべての魚の捕獲が完了。
e0171510_22452090.jpg

魚をすべて掬った後。この後、クリプトなどを抜いていきます。
e0171510_2318206.jpg

魚たちは、第3水槽レイアウトを解体して作った仮設住宅へ。
古株の魚ばかりです。ブラックネオンテトラは6年くらいうちにいますので、推定7歳くらいですかね。後はロージィテトラがうちに来て3年目、他のカージナル、Hy.アマンダエはもうすぐ1年になります。
上に浮いてるチャームのオマケは、飛び出し防止です。

水を抜いたら次はソイルの取出しです。リセットの中で一番嫌な作業です。
e0171510_2345632.jpg

この作業をしないといけないから私はリセットが嫌なんですよね。
e0171510_238249.jpg

上の写真の状態から下の写真の状態にするまで1時間ほど掛かりました。
ここまでの総作業時間は約1時間半。何とか予定通り進みました。

夕飯を食べた後セット作業
24時間テレビではるな愛がゴールした後くらいに作業を再開しました。
別ブログのほうに詳しく載せますので、こちらでは簡単に
e0171510_23125654.jpg

バクター100など、種々の添加剤を今回初めて使いました。
e0171510_23152997.jpg

パワーサンドを敷いた上に、アマゾニアⅡをざざーっといれます。
e0171510_2324182.jpg

流木をおきます。
写真では斜め上からの写真で、製作者自信も、斜め上からの目線で作業をしますが、必ず一作業ごとに正面から見てバランスをチェックします。
この状態で一晩寝かし、翌日植栽作業に入りました。

次回は水草の植栽作業を紹介します。
e0171510_23305424.jpg





ばたばたして写真撮ったから、汚い写真ばっかり。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-08-30 22:45

準備万端

ようやくツクツクボウシの個体数が増えだし「ツクツクオーシンツクツクオーシン・・・」と鳴いています。朝晩は少しだけ暑さが収まってきた感がありますが、昼間は酷暑が続いております。

今日はパワーサンドSを購入してきました。
e0171510_17124244.jpg

ソイルにアマゾニアを用いた場合は、パワーサンドはなくても水草の育成に問題ありませんが、今回は、NH4含有量がアマゾニアの半分しかないアマゾニアⅡを使用するので、念のためパワーサンドも併用します。
パワーサンドスペシャルでも良かったのですが、クリプトコリネやエキノドルスは使いませんし、それに立ち上げ当初に必要以上に富栄養化する危険性もありますので今回は使用しません。

水草の方は準備万端です。
e0171510_1724221.jpg

ロタラワリッキー
e0171510_17271939.jpg

グリーンロタラ(ロトンジ系で唯一葉焼けの被害にあいませんでした)
e0171510_17282520.jpg

ロタラsp.イサーン
e0171510_1729434.jpg

ロタラロトンジフォリア

今年は連日猛暑のため、水上葉(主にロトンジ系)が葉焼けの被害にあってしまいました。
そのため一部は既存の水槽の水草を借りて植栽することになりそうです。

次回の記事ではリセットの様子を紹介します。
今回のリセットにあわせ、別に「60cm水槽で作るネイチャーアクアリウム」という別ブログを製作しました。滅多にないリセットなので、写真もたっぷりで紹介できたらと思います。




ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-08-27 20:54

そんなに悪くはないのかな

猛暑日が続きますね。昨年は8月の下旬は涼しかったんですけどね。
もう少し涼しくなってくれると嬉しいのですがね。秋はまだまだ先のようです。

さて、この水槽も8月中(予定では8/29~30)にリセットに踏み込めそうです。
昨年のリセット作業が9月でしたので、約1年ぶりのリセット作業。底床そのままのリメイク作業の場合はそんなに時間はかからないのですが、リセットとなると手際よく進めないと、かなり時間を食ってしまいます。
e0171510_1856242.jpg

リセット前の雄姿。
09年4月の立ち上げから現在まで、波乱万丈な水槽でしたが、ここで一旦区切りを打つことになりますね。ソイルがマスターソイルなんですが、はじめは謳い文句通り、pHも低かったのですが、今現在ではpHも高い値を示しています。

昨日、ショップからソイルを調達してきました。
e0171510_19121294.jpg

巷でいろいろ騒がれているアマゾニアⅡにしました。
7月下旬のロットですので、おそらく黄ばみの問題はないでしょう。
アマゾニアの外れロットに当たりたくないのと、ただ単に、pH低下機能の強いものが欲しかったので、今回はⅡを選択してみました。2007年の発売以来、使用するのは初めてですね。
ショップの水槽を見たり、使用されてる方の話では、巷の印象ほどそんなに悪くはないのかなって感じです。

本当はパワーサンドも一緒に購入するつもりでしたが、売り切れていたのでまた後日。
使うかどうかはわかりませんが、うちにあったあまりものの軽石も準備してます。
e0171510_19211549.jpg

ADAのパワーサンドSに入っている軽石と大きさはほとんど変わりません。とりあえず、昨日の晩にある程度濁りを取り、水を吸わせてます。

写真が少ないので、撮りためてたものでも紹介します。
e0171510_19323425.jpg

シジミチョウの仲間
カタバミの葉に産卵に来てました。
e0171510_19335551.jpg

スイレンの開花
今年はなんだかんだで7回くらい花が咲きました。土壌の状態が物をいいますね。
e0171510_19283998.jpg

メンテナンススタンド
すべての段が一杯になっています。このスタンドって似合う部屋と似合わない部屋がありますよね。家族は購入時「こんなのこの部屋には似合わないでしょ」と言ってましたが、今となっては結構好評です(笑


ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-08-23 19:39

次期レイアウトの構想

次期レイアウトの構想を練っている最中ですが、有力使用候補の水草が大分決まってきました。
本当は使用してみたい水草とかもあるのですが、買いに行く時間も取れそうにないので、家で調達できる水草をセレクトしてみました。
e0171510_005970.jpg

水も大分茶色くなってきました。結構灰汁が多いみたいです。

これから屋外での維持が困難な種もあるので、今現在使用していない水上葉も有効に使うつもりです。
例えば・・・
e0171510_0125219.jpg

ベトナムゴマノハグサ
虫害を受け、一時みすぼらしい状態になっておりましたが、何とかここまで復活しております。
e0171510_0145017.jpg

ロタラsp.ベトナムレッド
あちぇさんより頂いたものですが、この手のロタラは冬越しは難しいので、レイアウトに使用するつもりです。

前回もネタにしたサブ水槽ですが、グリーンウォーターは大分収束してきました。
e0171510_0204717.jpg

ただ、まだうっすらと残っている感じですね。
アクリルS(←まだ買っていなかったf^_^;)でとどめを刺そうと思います。

最後に・・・
興南高校優勝おめでとうございます!!

久しぶりの動画UPです。





ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
[PR]

by itaduranikki | 2010-08-22 00:41

フィナーレ

とりあえず、最終回記事を非公開にしました。9月上旬までは時間的に余裕がありますので、マイペースで更新していきます。9月上旬以降のことについてはまたお知らせします。

9月上旬にリセットを決めている第二水槽です。
e0171510_23241589.jpg

↑6月中旬に流木を組み換え、作り変えを行っており、もうすぐこの水景もフィナーレを迎えそうです。
e0171510_2332319.jpg

以下、データです。
設置:2009年4月
水槽:600*300*360(mm)
照明:60w
底床:マスターソイル、パワーサンドS
濾過:エーハイム500
水草:ミズユキノシタ、ポゴステモンデカネンシス、ロタラロトンジフォリア、ニードルリーフルドウィジア、ミリオフィラムマトグロッセンセ、クリプトコリネウェンティ、グロッソスティグマ、ミクロソリウムセミナローリーフ(エビ水槽に次期レイアウト構想のため出張中)
解説:倒木をイメージして流木を設置した作例。セット後約1年半、ソイルを交換せずに植え替えだけで維持してきた。追肥なしでグロッソスティグマとP.デカネンシスを植栽したところ、成長が著しく悪いので、ADAのマルチボトムを追肥した。その後は状態も立て直し、現在に至る。


一枚目の写真からは分かりにくいのですが、実はこの水槽、グリーンウォーターが発生してます。
濾過槽を開けても異常は見られませんが、大量換水を繰り返してもすぐに2枚目の写真のような状態になります。
e0171510_23163218.jpg

若干緑がかってますね。ろ過のおかげで、視界ゼロになるくらいひどく発生するようなことはありません。発生初期にクリアダッシュを添加したものの、1回では効きませんでした(クリアダッシュは根気よく添加しないとグリーンウォーターは収まりませんね。以前発生した時は1週間くらいかかりました)
しかも、クリアダッシュを切らしてしまい、大量換水を試みるも、効果なし・・・。
日動(日本動物薬品)から、クリアダッシュよりちょっとリーズナブルでかなり効果のあるアクリルSなるものが発売されてますので、明日にでもGETしようとおもいます(HCとかで結構見ます)。
昨年、ある方のブログで拝見させていただいて「これは魅力的だ」と思った製品です。

最後に水草の紹介でも・・・

ポゴステモンデカネンシス
e0171510_2326573.jpg

底床から養分吸収をします。ADAのマルチボトムを追肥した後、著しく成長が良くなりました。

ロタラロトンジフォリア
e0171510_23281918.jpg

本種は他のロタラと違い、葉を輪生させることもあります。本水槽では4輪生も見られます。
環境が良いと、輪生葉を出すようですが、個体によっては全く出さないものもあるので、おそらく形質の違いによるものと思われます。ただ、これを証明するには、輪生葉を出す個体とそうでない個体を交配して、得られた子孫を調べて・・・・・・。我々には手に負えません。


9月上旬にリセットできないと、来年のレイコンは不参加だな。。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
[PR]

by itaduranikki | 2010-08-18 23:34
line

水草水槽管理、フィールド探索など、「水草」をとことん追求したブログです。


by itaduranikki
line