<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


スズメハコベ性質まとめ

ここ数日でかなり冷え込みましたね。冷え込む前日にヒーターを設置したので、一安心です。これから冬にかけては水温のムラなどに気を遣う季節ですね。水温にムラがあると、エビが一箇所に固まったり、水草の育ちが悪くなるので、ヒーターの設置場所はしっかりと吟味しなければいけません。

さて、スズメハコベの水中育成を始めて約半月ですが、大体の性質が分かってきました。
まず、発芽率に関しては非常に高く、水槽内発芽も確認しました。これは、種が水中に沈んでも発芽することを意味します。

こちらは水槽内で枯れた水上葉の葉腋にできた果実です。鉛筆の芯の先とほぼ同じ大きさですね。
中に細かい種がたくさん詰まっています。
e0171510_22233538.jpg


これは別の果実から発芽したものです。種が散らばる前に発芽してるものですから驚きですね。
e0171510_2226203.jpg


スズメハコベ一年生草本ですが、水槽内で発芽したということは
①種子は休眠しなくても発芽する
もしくは
②水温が25度なので、休眠する間もなく発芽した
などといった性質を持つことがが考えられますね。

スズメハコベは史前帰化種と呼ばれる植物で、稲作の伝播とともに東南アジア方面から進入したと考えられている植物ですから、日本に土着して一年草化した、ということも考えられます。したがって、温度を年間を通して25度程度に保って慣らせば、多年草として育成できるのかもしれません。

また、スズメハコベの水上葉を水中に植えると盛んに根を伸ばして水中葉を展開しましたが、植栽後後3週間くらいから水槽内で結実し水上葉の枯れが目立ってきました。そこで、昨日、枯死した部分を取り除き(枯死した部分にあったのが上述の種子&発芽個体)、水中葉の部分のみを植えなおしました。また、ソイル中に盛んに根を伸ばしているので、マルチボトムを1本追肥しました。下は作業直後の写真。
e0171510_22163625.jpg


通常の水草でも枯れた水上葉は取り除いて植えなおしたほうが成長が良いので、その方法をスズメハコベに応用しただけなんですがね。この後、根をしっかり張れば、密生してくるものと思われます。

+++

ネタはガラッと変わりますが、ブライティKでなぜpHがあがるのか説明したいと思います。
オフ会のときにも少しこの話が出ましたし、結構誤解している方を見ますので。

ブライティKは炭酸カリウムを主成分としています(ADA CONCEPTの記述より)
よく、「カリウムはpHが上がる」という記述を見かけますが、ブライティKの場合は炭酸カリウムの加水分解が原因ですね。
e0171510_22501932.jpg

炭酸カリウムの化学式はK2CO3。重曹を熱分解したときに得られる炭酸ナトリウム(Na2CO3)と性質が非常によく似ております(中学2年の実験で出てくるかと思います)。
K2CO3に水を加えると、2分子のカリウムイオンと1分子の炭酸イオンに分かれます。
さらに炭酸イオンと水が反応して、炭酸水素イオンと水酸化物イオンが出来ます。
この水酸化物イオンがpH上昇の原因なんですね。

追記)
あ、間違い発見。
写真中の1段目の反応式がK2CO3+H2Oとなってますが、H2Oを反応式中に書く必要はありませ。水に溶かすとカリウムイオンと炭酸イオンに分かれますが、この反応は単に水の中で起こるのであって、水は直接反応に関与しません。勢い余ってH2Oと書いちゃいました。


ブライティKの場合は結構な濃度の炭酸カリウムが含まれてますので、添加すればそれだけpHが上がるんですよね。ただ、カリウム自体はpH上昇の原因にはなりませんので、pHを上げたくないのであれば炭酸カリウムを成分としないカリウム肥料を使用すればよろしいかと思います。



化学って奥が深い。。。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-29 23:18

福岡オフ会に参加してきました。

10月23日、17時17分佐賀駅発のみどり号に乗って博多へと出発しました。
はい!行って参りました!!
福岡オフ会へ!!

今回の参加者は
「Humming lifestyle aqua」kakura878さん
「GRASSY AQUA」h_ahliさん
「AP+_2.0」みうらさん
「にわとりの『にわとりだよ全員集合!』@ふぐ」にわとりさん
「Handful Wish ~ 一握りの願い ~」あちぇさんご家族
「jagi-ism」jagiさん
「AQUADDICTION」モスマックさん
そして、AQUAGARDENの店長さん、私です。

中でも、jagiさんは熊本から、あちぇさんは宮崎から、にわとりさんはなんとなんと福井から、遠路はるばるお越しいただきました。

ではでは、早速レポートを。

私は開始予定時刻の18時ごろに博多に到着しましたが、諸事情により1時間半ほど遅れてのオフ会スタートでした。
e0171510_21562960.jpg

店にいたのは約3時間ほどでしたが、時間が過ぎるのが本当にあっという間でしたね。本当に楽しい会でした。

途中で、h_ahliさん、にわとりさん、店長さん、私が持参したアクアグッズ&水草の争奪戦(ジャンケン大会)が行われました。私は争奪戦で一勝もできず。。。
e0171510_2293565.jpg

私はスズメハコベ、佐賀県産ヘアーグラス、ホシクサ種子の3つを持参。無事3名の方に貰われていきました。
e0171510_2254713.jpg


次々と争奪戦を勝ち抜いてたモスマックさん、皆さんの注目の的でしたね(^^

そんなこんなでお開きの時間となり、お店の外へ・・・。
e0171510_22141053.jpg

たくさん荷物の入った紙袋を提げてるモスマックさんを何故か激写w

店の入り口で記念撮影をして、みうらさん、jagiさん、モスマックさん、私は帰路へ。
残りのメンバーは2次会(カラオケ)へ突入されてました。

私も博多発の終電に乗車し、佐賀へ戻ってまいりました。
e0171510_22255244.jpg


同じ趣味を持つ者同士がこうして集まって話を交わすのは本当に楽しいですね。九州のアクアリストは本当に明るくて面白い方が多いです。初対面でもすぐに打ち解けてお話ができますので、九州にお住いのアクアリストの方で今回参加されなかった方、ぜひ次回は参加を検討ください。

そして、今回お会いすることができた皆様、また集まりましょうね!!

以上、福岡オフ会レポートでした。

ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-26 22:43

トリミングから約一週間

昨夜のオフ会参加の皆様お疲れ様でした。私も非常に楽しい時間を過ごすことができました。またこういう機会があれば、必ずや参加させていただきます。

詳細なオフ会レポは次回に回すことにして、今日はトリミング1週間経過した第二水槽ネタです。
e0171510_189503.jpg

いつもの如く、斜め上からのアングル。
有茎草の新芽はいつ見ても美しいですね。生命力も感じます。
e0171510_1816263.jpg

↑10月21日現在でこんな感じですね。まだトリミング後の切り口が見えてます。

最終的なラインはこんな感じでいこうかと考えています。
e0171510_18255876.jpg

最終ラインに到達するまでのトリミング回数をできるだけ多くすることも長期維持するコツの一つです。有茎草のレイアウト(凹型構図)の場合は水面の両端が水草で埋まってないと写真に撮った時に完成度が低く見えますので、最終ラインに到達した時点で写真にとって作品として残すつもりです。

トリミング後の各々の有茎草の新芽です。
e0171510_18311630.jpg

ロタラsp.福建省ロタラワリッキーポゴステモンデカネンシスロタラロトンジフォリア
ポゴステモンデカネンシスはピンチカット後小さな脇芽がたくさん出てきます。脇芽が出た草体は下葉を隠さないとサボテンのように見え、見苦しいので基本的に後景専用ですね。ワリッキー(イサーン、ベトナムレッドなども同様)も縦にしか伸びませんので中景には使えません。

e0171510_18363152.jpg

こちらはベトナムゴマノハグサ
2日間給餌をしなかった結果、ところどころにグリーンネオンの食痕が見られます。
ベトナムゴマノハグサはシソのようないい香り(と感じるのは私だけか?)がするので、魚も美味だと感じたんでしょうかね。ちなみにリムノフィラはシソクサ属の学名です。シソクサは田んぼに生えてる水田雑草ですね(私は未見)

e0171510_18443628.jpg

バコパオーストラリスも順調に展開中です。
バコパというと真っ先に思い浮かぶのはイエローバコパ、ウォーターバコパ(バコパカロリニアナ)、バコパモンニエリとかですけど、これら3種とは全く性質が違います。ベトナムゴマノハグサと同じゴマノハグサ科ですけど、バコパはウキアゼナ属の学名で、少し違ったグループです。

中央にはドドンっとミクロソリウムを使っています。
e0171510_18511529.jpg

ミクロソリウムセミナロー
うちには「セミナロー」として購入したミクロが2種ありますが、こちらはコンパクトなミクロソリウム(葉が最長で10cmほど)です。2種のうち、もう1種は大型化してます(葉は確かにプテロプスとナローの中間くらいなんですが・・・)。大型化しないのが本物のセミナローだった気がしますが、私も自信がありません。

ミクロソリウム(ボルビも同様)は、葉が欠けたりしているものはすぐにカットしたほうが結果として成長が早くなります。私も購入直後はすべて葉を落とします。きれいなミクロの群生を作るにはお勧めの方法です。ミクロの新芽は上部が透明感のある緑色をしてますがこれは切ってはいけません。これ切っちゃうといつまでたっても密生しません。

次回、先日の福岡オフ会の詳細レポです。
ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-24 18:59

得体の知れないロタラ

先日採集してきたスズメハコベを水上管理することにしました。
e0171510_2217540.jpg

1年草なので時期に枯れるでしょうけど、結実させて種を得たいので、土に植えてみました。

如何せん情報が少ないので、ググってみますと、種子に関してはこちらの一件のみヒットしました。発芽率は結構高めみたいですね。

先日メイン水槽に植えた水上葉がかなり伸びてきました。
e0171510_224242.jpg

イサーンなんかもう水面に到達しちゃってます。
e0171510_2253965.jpg

ポゴステモン・ダッセン
ポゴステモンより「エウステラリス」のほうがかっこいいな。そう思うのは私だけですかね。
オランダプラントと似てますけど、こちらははっきりとした鋸歯がありますね。
e0171510_227491.jpg

My.ガイアナドワーフ
あちぇさんから頂いた分&水上ストック分ですね。私の中では一番育成が難しい水草ですね。トリミングとかものすごい気を使います。最近分かってきたのは「古いソイルのほうが格段に育ちが良い」ということです。昨年9月に新アマゾニアに導入した時はみるみるうちに溶けていき、約3か月間は溶けては買うを繰り返してましたね。今はソイルが1年以上経過しているので状態は良好です。

ここからが本題

メイン水槽中にはこんな「得体の知れないロタラ」もいます。
e0171510_22105843.jpg

これ、セイロンロタラの3輪生なんです。
セイロンロタラって普通は対生なんですけど、我が家ではなぜか3輪生の出現頻度が高いです。

こちらはグリーンマクランドラ
e0171510_22125874.jpg

なんと、こちらも3輪生になってます。
これは1本しか見つからなかったのですが、これ見つけた時は絶句しましたね。

バッサリトリミングして、横から見るとこんな感じです。
e0171510_2214016.jpg

第一回目のトリミングなんで、結構深く刈り込んでます。

こちらはもう新芽が出てきております。
e0171510_22155586.jpg

ワリッキーは一段深く刈り込んでます。


明後日はオフ会だ。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-21 22:22

ホシクサの種子

前回写真の撮り忘れで紹介できなかったホシクサの種です。
e0171510_1910635.jpg

田んぼも重機を入れるために一部だけ手作業で稲刈りが行われており、近いうち重機での稲刈りが行われる(もしくはすでに行われた)と思われます。9月の下旬に訪れた際はまだまだ花が白かったですが、さすがに花も茶色になって、種子もできているようです。

花を爪楊枝でつつくと、ポロポロと種子が落ちてきます。
e0171510_19115791.jpg

種はほんと極小ですね。

オフ会のプレゼントとするため、こういった感じで包装してます。
e0171510_19142187.jpg

3~4名様分は準備できるかなって感じです。

スズメハコベ(インディアンクラススラ)
e0171510_19181166.jpg

水上葉はこんな感じ。
e0171510_19191986.jpg

水中葉は細長い形状ですから、水上葉と水中葉を比べると結構差異がありますね。

スズメハコベも新たに採取してきましたが、現地での個体数はやや多めですが、無理な採集圧がかかるのは嫌なんで、自生地の公開は一切できない状況です。業者とかが来て乱獲されちゃたまったもんじゃないですからね。

3名様分用意する予定です。

ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-18 19:27

オフ会に向けて

福岡オフ会まであと1週間と迫ってきました。
実は、私、兄もちゃっかり参加予定です。AQUAGARDENの店主さんとHumming lifestyle aquaのkakura878さんで店の手配、参加者の募集等をしてくださってます。
参加者は、九州在住のブロガーさんや、さらには福〇県在住ののあの方も参加予定とkakuraさんからお聞きしてます。

私も珍草を片手に参加予定です。久しぶりに皆様にお会いできることを楽しみにしております。

で、その珍草とは?

マツバイ(1名様分)
e0171510_20233762.jpg

お馴染みのヘアーグラスですが、佐賀県産にはノーマルタイプとショートタイプがあることを確認してます。本種はどうかわかりませんが、一応持っていきます。

佐賀県産スズメハコベ水上葉(3名様分)
e0171510_20275960.jpg

e0171510_20335212.jpg

日本産のインディアンクラススラです。環境によっては匍匐して成長するようです。

佐賀県産ホシクサの種(2名様分)
e0171510_20302536.jpg

キネレウム種です。野生ではすでに種が出来てました。

この2種+ホシクサの種を持参する予定です。よろしくお願いします。


+++

先日のプレゼント企画にはたくさんの応募ありがとうございました。
すでに発送してますので、明日~明後日には到着します。

ワリッキーをトリミングした後はこんな感じです。
e0171510_20365618.jpg

e0171510_203793.jpg

ゲットクリーンを添加した後なんで白濁してますが、明日には透き通った水になってるでしょう。


リシアも刈らないとな~
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-16 20:38

水草差し上げます

携帯から更新です。

ロタラワリッキー、ロタラsp.ベトナムレッドを近々トリミングしますので、欲しい方は申し出てください。ヤマト運輸の着払いで発送します。

欲しい方は来週火曜日の昼明日(土曜日)午前中までに住所、氏名、連絡先を添えて非公開コメントで申し出てください。(コメント内容に不備がある場合は落選とします)トリミング後すぐ(土曜日午後)に発送します。


※応募者多数の場合抽選。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。尚、お預かりしたした個人情報は発送時のみ使用し、それ以外の目的で使用することはありません。
※ブロガー、非ブロガー関係なくどなたでも応募できます。

追記)
ぞくぞくと応募者が増えてきてますので抽選で1(2)名を選出いたします。2名様分確保できるといいのですが・・・

追記)
応募受付終了しました。
応募総数:8名
抽選対象外:2名(氏名あるいは連絡先未記入のため)

6名の方から2名を抽選し、すでに発送しました。翌日~翌々日に到着すると思われます。
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-15 00:31

やはり喰われてるぞ

昨日スズメハコベが食害を受けてると記事にしましたが、食害される前と後がよく分かる写真が撮れました。

赤い矢印の先に注目してください。
e0171510_19494263.jpg

10月10日(昨日)に撮影した写真です。この時点はまだ食害を受けてません。

そして、今日撮影した写真が↓です。
e0171510_1953410.jpg

やはり喰われてるぞ。矢印の先の葉が齧られてますね。

齧られ方から判断しても犯人はグリーンネオンで間違いなさそうです。
グリーンネオンはニードルリーフルドとかも餌が不足すると食害するようですが、餌をしっかりやっていれば食害は止まります。スズメハコベはよほど味がおいしいんでしょうね。見た目も美味しそうな雰囲気ですし。

これ以上食われるとちょっと困りますので、15匹ほど入っているグリーンネオンを別水槽に移動させることにしました。
e0171510_1958491.jpg

1匹ずつ網ですくいます。掬うのは大変で、慣れないと結構時間がかかりますが、黒色の網を使えば比較的簡単につかまります。菜箸を使って網の中に追い込んでいきます。
e0171510_2021468.jpg

第二水槽に移動させました。こちらには食害に遭いそうな水草は入ってませんし、もし食害されても気にならないレベルだと思われます。

グリーンネオンもこんな感じで水草を齧るようですが、レモンテトラ、ラミノーズテトラ、ダイヤモンドテトラ、モンクホーシャなども草食性が強いので、参考までに。

+++

山奥の水田跡に観察に行きました。
e0171510_2092727.jpg

マツバイ
e0171510_2010744.jpg

ミゾソバ群落。数年前はここも水が溜まって湿地状になっていましたが、今は陸地化してます。
e0171510_20111851.jpg

写真は撮れませんでしたがイノシシに遭遇。そばには掘り返した跡が。。
e0171510_20152855.jpg

アマゾントチカガミ
逸出個体です。アマゾンフロッグピットというやつですね。佐賀県にも逸出個体があるとは・・・

水草は絶対に捨てないで、最後まで飼育しましょう!!
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-11 20:18

スズメハコベ一週間経過

スズメハコベを水中に植栽して1週間がたちました。
ツイッターの方でもつぶやきましたが、植栽してさっそくグリーンネオンに齧られてしまいました。
食害回避方法である「カラシンのお腹が少し膨らむくらい餌を与える」というのを実践してます。

そんなこんなで現在は水中葉を伸ばし始めています。
e0171510_18472551.jpg

分かりにくいので印をつけてみました。
青い枠で囲った部分が水中葉を伸ばし始めた部分です。

先ほどググってみましたが、スズメハコベの栽培に関するページはほとんど見当たりませんでした。
当ブログでも引き続きレポートを続けていきます。

ほんだし産のキクモはこんな感じ。
e0171510_18552197.jpg

なんかジャイアントアンブリアみたく、巨大化してます。
葉も東南アジア産と比べて細かいですね。

キクモの手前に植えたホソバヒメミソハギ
e0171510_1856434.jpg

前回紹介した時よりも少し成長してます。
水中葉は小さめの葉です。アマニアグラキリスやアマニアセネガルエンシスなどと同じアマニアの仲間ですが、本種は赤くならず緑一色です。

第二水槽はこんな感じ
e0171510_18594054.jpg

グロッソが順調に広がってます。
e0171510_1901672.jpg

ロタラワリッキーもここまでなるともう何も言えません。

+++

最後に
福岡オフ会、開催場所決定!!
詳しくはこちら!!

ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-10 19:03

水草自生地画像集

水草の自生地の写真です。撮影場所を記しているものもありますが、自生地の詳細に関する質問にはお答えできませんのでよろしくお願いします。

ミズマツバ(撮影場所非公開)
e0171510_1937399.jpg

e0171510_18102181.jpg

環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類
佐賀県RDBカテゴリ:指定無し

キカシグサ(佐賀県佐賀市鍋島町)
e0171510_20365478.jpg

間違えやすい種類:スベリヒユ

ホソバヒメミソハギ(佐賀県佐賀市高木瀬東)
e0171510_1949697.jpg

間違えやすい種類:ヒメミソハギ

ミゾハコベ(2枚とも佐賀県佐賀市鍋島町)
e0171510_1851668.jpg

e0171510_18163375.jpg

間違えやすい種類:ミズハコベ

スズメハコベ(撮影場所非公開)
e0171510_1872163.jpg

e0171510_18131833.jpg

環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類
佐賀県RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅰ類

ウリカワ(佐賀市大和町)
e0171510_1875964.jpg

間違えやすい種類:ナガバオモダカの子株(花も似ている)

ホシクサ(撮影場所非公開)
e0171510_1812197.jpg



ミズワラビ(撮影場所非公開)
e0171510_18145759.jpg

e0171510_18155298.jpg

e0171510_18172574.jpg

環境省RDBカテゴリ:指定無し
佐賀県RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類

トチカガミ(撮影場所非公開)
e0171510_18134658.jpg

環境省RDBカテゴリ:準絶滅危惧種
佐賀県RDBカテゴリ:指定無し


ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-09 00:00
line

水草水槽管理、フィールド探索など、「水草」をとことん追求したブログです。


by itaduranikki
line