タグ:日本産水草 ( 14 ) タグの人気記事


得体の知れないロタラ

先日採集してきたスズメハコベを水上管理することにしました。
e0171510_2217540.jpg

1年草なので時期に枯れるでしょうけど、結実させて種を得たいので、土に植えてみました。

如何せん情報が少ないので、ググってみますと、種子に関してはこちらの一件のみヒットしました。発芽率は結構高めみたいですね。

先日メイン水槽に植えた水上葉がかなり伸びてきました。
e0171510_224242.jpg

イサーンなんかもう水面に到達しちゃってます。
e0171510_2253965.jpg

ポゴステモン・ダッセン
ポゴステモンより「エウステラリス」のほうがかっこいいな。そう思うのは私だけですかね。
オランダプラントと似てますけど、こちらははっきりとした鋸歯がありますね。
e0171510_227491.jpg

My.ガイアナドワーフ
あちぇさんから頂いた分&水上ストック分ですね。私の中では一番育成が難しい水草ですね。トリミングとかものすごい気を使います。最近分かってきたのは「古いソイルのほうが格段に育ちが良い」ということです。昨年9月に新アマゾニアに導入した時はみるみるうちに溶けていき、約3か月間は溶けては買うを繰り返してましたね。今はソイルが1年以上経過しているので状態は良好です。

ここからが本題

メイン水槽中にはこんな「得体の知れないロタラ」もいます。
e0171510_22105843.jpg

これ、セイロンロタラの3輪生なんです。
セイロンロタラって普通は対生なんですけど、我が家ではなぜか3輪生の出現頻度が高いです。

こちらはグリーンマクランドラ
e0171510_22125874.jpg

なんと、こちらも3輪生になってます。
これは1本しか見つからなかったのですが、これ見つけた時は絶句しましたね。

バッサリトリミングして、横から見るとこんな感じです。
e0171510_2214016.jpg

第一回目のトリミングなんで、結構深く刈り込んでます。

こちらはもう新芽が出てきております。
e0171510_22155586.jpg

ワリッキーは一段深く刈り込んでます。


明後日はオフ会だ。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-21 22:22

やはり喰われてるぞ

昨日スズメハコベが食害を受けてると記事にしましたが、食害される前と後がよく分かる写真が撮れました。

赤い矢印の先に注目してください。
e0171510_19494263.jpg

10月10日(昨日)に撮影した写真です。この時点はまだ食害を受けてません。

そして、今日撮影した写真が↓です。
e0171510_1953410.jpg

やはり喰われてるぞ。矢印の先の葉が齧られてますね。

齧られ方から判断しても犯人はグリーンネオンで間違いなさそうです。
グリーンネオンはニードルリーフルドとかも餌が不足すると食害するようですが、餌をしっかりやっていれば食害は止まります。スズメハコベはよほど味がおいしいんでしょうね。見た目も美味しそうな雰囲気ですし。

これ以上食われるとちょっと困りますので、15匹ほど入っているグリーンネオンを別水槽に移動させることにしました。
e0171510_1958491.jpg

1匹ずつ網ですくいます。掬うのは大変で、慣れないと結構時間がかかりますが、黒色の網を使えば比較的簡単につかまります。菜箸を使って網の中に追い込んでいきます。
e0171510_2021468.jpg

第二水槽に移動させました。こちらには食害に遭いそうな水草は入ってませんし、もし食害されても気にならないレベルだと思われます。

グリーンネオンもこんな感じで水草を齧るようですが、レモンテトラ、ラミノーズテトラ、ダイヤモンドテトラ、モンクホーシャなども草食性が強いので、参考までに。

+++

山奥の水田跡に観察に行きました。
e0171510_2092727.jpg

マツバイ
e0171510_2010744.jpg

ミゾソバ群落。数年前はここも水が溜まって湿地状になっていましたが、今は陸地化してます。
e0171510_20111851.jpg

写真は撮れませんでしたがイノシシに遭遇。そばには掘り返した跡が。。
e0171510_20152855.jpg

アマゾントチカガミ
逸出個体です。アマゾンフロッグピットというやつですね。佐賀県にも逸出個体があるとは・・・

水草は絶対に捨てないで、最後まで飼育しましょう!!
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-11 20:18

スズメハコベ一週間経過

スズメハコベを水中に植栽して1週間がたちました。
ツイッターの方でもつぶやきましたが、植栽してさっそくグリーンネオンに齧られてしまいました。
食害回避方法である「カラシンのお腹が少し膨らむくらい餌を与える」というのを実践してます。

そんなこんなで現在は水中葉を伸ばし始めています。
e0171510_18472551.jpg

分かりにくいので印をつけてみました。
青い枠で囲った部分が水中葉を伸ばし始めた部分です。

先ほどググってみましたが、スズメハコベの栽培に関するページはほとんど見当たりませんでした。
当ブログでも引き続きレポートを続けていきます。

ほんだし産のキクモはこんな感じ。
e0171510_18552197.jpg

なんかジャイアントアンブリアみたく、巨大化してます。
葉も東南アジア産と比べて細かいですね。

キクモの手前に植えたホソバヒメミソハギ
e0171510_1856434.jpg

前回紹介した時よりも少し成長してます。
水中葉は小さめの葉です。アマニアグラキリスやアマニアセネガルエンシスなどと同じアマニアの仲間ですが、本種は赤くならず緑一色です。

第二水槽はこんな感じ
e0171510_18594054.jpg

グロッソが順調に広がってます。
e0171510_1901672.jpg

ロタラワリッキーもここまでなるともう何も言えません。

+++

最後に
福岡オフ会、開催場所決定!!
詳しくはこちら!!

ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-10 19:03

水草自生地画像集

水草の自生地の写真です。撮影場所を記しているものもありますが、自生地の詳細に関する質問にはお答えできませんのでよろしくお願いします。

ミズマツバ(撮影場所非公開)
e0171510_1937399.jpg

e0171510_18102181.jpg

環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類
佐賀県RDBカテゴリ:指定無し

キカシグサ(佐賀県佐賀市鍋島町)
e0171510_20365478.jpg

間違えやすい種類:スベリヒユ

ホソバヒメミソハギ(佐賀県佐賀市高木瀬東)
e0171510_1949697.jpg

間違えやすい種類:ヒメミソハギ

ミゾハコベ(2枚とも佐賀県佐賀市鍋島町)
e0171510_1851668.jpg

e0171510_18163375.jpg

間違えやすい種類:ミズハコベ

スズメハコベ(撮影場所非公開)
e0171510_1872163.jpg

e0171510_18131833.jpg

環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類
佐賀県RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅰ類

ウリカワ(佐賀市大和町)
e0171510_1875964.jpg

間違えやすい種類:ナガバオモダカの子株(花も似ている)

ホシクサ(撮影場所非公開)
e0171510_1812197.jpg



ミズワラビ(撮影場所非公開)
e0171510_18145759.jpg

e0171510_18155298.jpg

e0171510_18172574.jpg

環境省RDBカテゴリ:指定無し
佐賀県RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類

トチカガミ(撮影場所非公開)
e0171510_18134658.jpg

環境省RDBカテゴリ:準絶滅危惧種
佐賀県RDBカテゴリ:指定無し


ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-09 00:00

第一水槽のリメイク

プロフィール画像を変えてみました。2008年6月ごろ撮影した水景の一部です。

昨日、6月~7月にかけての管理不足により無様な姿になっていた第一水槽のリメイクを行いました。やはり最初のトリミングの時期が非常に肝心で、切らずに放置していると急速に下茎の老化が進みます。

水草を根元から抜き取り、汚泥抜きをして、新たな植栽を済ませた後が↓の写真。
e0171510_21411156.jpg

屋外ファームの整備も少し行い、冬季の屋外栽培が不可な種類を優先的に植栽しました。
e0171510_21473979.jpg

左側。ポゴステモンダッセン、グリーンマクランドラなどを植栽。
空きスペースはまだ未定。
ポゴステモンダッセンは、外見はオランダプラントに似てますが、ダッセンのほうが育成が簡単です。外見上の区別は水中葉に鋸歯があるかないか。ダッセンにははっきりした鋸歯があります。水上葉同士の区別は難しい。
e0171510_21555173.jpg

右側。ニードルリーフルドウィジア、ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフなど。
ミリオフィラムは昨年越冬を試みましたが無理でしたので、水中に移動。
e0171510_21552665.jpg

ミリオフィラムはレイアウトするには少し量が少ないですね。あと少し欲しいところですが。。

また、両サイドの中景にスズメハコベを使用してみました。NAに使うのは初めてなので、これからが楽しみです。
e0171510_21573717.jpg

ストロジンspも屋外から収穫して、植え替え
e0171510_2273171.jpg

第一水槽はストック水槽兼レイアウト水槽のような感じになりました。レイアウト水槽として成立させるにはしっかりした管理がポイントですね。

以前35cm水槽の方に植えたほうは順調に展開してます。成長はゆっくりしてます。
e0171510_2159391.jpg

水中葉は水上葉と比べると細長くなります。

ついでにほかの水草の生育状況を・・
e0171510_2223129.jpg

水中葉を出し始めたホソバヒメミソハギ
e0171510_2255458.jpg

細かい水中葉を出し始めたほんだし産キクモ

第二水槽は変わりなく順調に推移してます。
e0171510_2282273.jpg


最後に・・
10月23日に博多駅周辺でオフ会を企画してます。どなたでも参加できますので、参加希望の方はこちらのブログにコメントお願いします。


ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-04 22:11

スズメハコベを探せ

先日スズメハコベを採集しましたが、採集場所でのスズメハコベの生育状況が不安定で、もう少し安定な生息が確認できる場所はないかということで、今日の夕方探索に出かけました。

佐賀市を北上する形で田んぼを見ていきましたが、やはり珍しい種なので、なかなか見つかりません。

途中で見つけた水田雑草
e0171510_2214813.jpg

ウリカワ
e0171510_2234799.jpg

アゼナ、アメリカアゼナ、ミズワラビ、ミズマツバ、キカシグサ
e0171510_2273676.jpg

ホシクサ

16時に自宅を出たので、探索に夢中になっているとあっという間に日が暮れます。
e0171510_229597.jpg

ホシクサの自生地で撮った一枚

ほぼ諦めモードで、最後の最後に見た田んぼでついに・・・
e0171510_22124481.jpg

見つけました!スズメハコベです。
e0171510_22131829.jpg

匍匐して成長します。
e0171510_22135459.jpg

ミズマツバの群生。

今回の「スズメハコベを探せ」というミッションは何とか達成できました。
結構安定した生息地のように見えたので、来年、再来年が楽しみです。

キクモの自生地はなんだかんだで未だに発見できてません。佐賀市内に自生地はあるようですのでいつかは見つけたいですね。


植物は「見たかったら、もしくは欲しかったら自分で探す」が原則。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-10-02 22:21

日本産水草の紹介

35cm水槽に植栽している日本産水草ですが、順調に水中葉を展開してきました。
本日は、ミズマツバ、スズメハコベ、ミズワラビ、キカシグサ、ホソバヒメミソハギ、ミゾハコベを紹介します。

まずミズマツバ。
e0171510_22491746.jpg

こちらは植栽直後です。
ミズマツバは水中化が容易なロタラで、なかなかかっこいい草です。
e0171510_22503130.jpg

こちらが現在の状態です。3輪生でなかなか素敵な葉っぱではありませんか?
よくお店で見るのはアラグアイア産ミズマツバですが、水上葉の容姿からお互いが変種の関係にあるような気もします。遺伝子を調べなければわかりませんが・・・
e0171510_22545137.jpg

こちらはちょっと茎が赤いです。上のミズマツバの産地とは別の産地のものです。
育成は軟水で、CO2もあったほうが成長がいいです。

スズメハコベ
e0171510_22571842.jpg

順調に新芽を展開しています。(日本産は)珍しい種類なので絶やさないように維持します。
もう少し数を増やしたいですね。。佐賀ではスーパーレアな水草だと思います。

キカシグサ
e0171510_2341384.jpg

ようやく新芽が出てきました。水中で出る新芽も水上葉とほとんど変わらないです。
性質、容姿は「アマニアボンサイ」そのものです。たぶん一緒の種類なんじゃないかしら。

ミゾハコベ
e0171510_2362922.jpg

順調に展開しています。ラトナギリ産とどう違うのか?種としては一緒なのか?そこが気になりますね。

ミズワラビ
e0171510_2385061.jpg

水中化させるためには胞子葉を展開していない生育初期の株を植えるのがよろしいかと思われます。
ミクロソリウム見たく水中では胎生芽で増えていきます。育成は容易です。CO2無、弱光でも育成可能。適応水質も広いです。

ホソバヒメミソハギ
e0171510_2311488.jpg

在来種のヒメミソハギと比べると水中化は本種がやや容易か?って感じです。水槽内では小型化し成長は遅めです。水中化のポイントとしては、果実が出来ていない小型の株を植栽するのがいいかと思います。

日本産水草の育成を詳しく扱ったページはおそらくほとんどないと思われますので、これからもしっかりした情報の提供を目指したいと思います。



ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-09-28 23:18

ネタ3本立て

本日、こちらの方からの水草の着弾がありました。
e0171510_1849469.jpg

おなじみ、ほんだしさんからです。

私があまりにも「キクモ、キクモ」とほざいてますから、ほんだしさんより「採集したのを送りますよ」というメッセージをいただいたので、お言葉に甘えさせていただきました。

さっそく封を開ける
e0171510_18513954.jpg

キクモのほかにも、キカシグサ、ミズワラビも同封してくださいました。
e0171510_18523314.jpg

キクモのアップ
少し根元に溶けが見られましたが、キクモは傷から溶けやすい水草なので仕方がないですね。
痛んだところを取り除いて、さっそく植栽しました。
e0171510_18534792.jpg

一気に水槽がにぎわいました。
こちらの水槽、キクモ以外はすべて佐賀県産なんですよ。日本産水草も近くで見るとなかなかきれいです。
e0171510_18552214.jpg

ミズワラビ、ミズマツバもかなり展開してます。

ほんだしさん、今回はありがとうございました。大切に育てます!

+++

昨日はホシクサを紹介しましたが、ホシクサ以外にも2種採取してきましたので紹介します。
e0171510_18562790.jpg

ヤナギモ(Potamogeton oxyphyllus)
エビモと同じ仲間ですが、エビモよりも葉幅が細く、また先がとがっている。また、センニンモは葉先が凸型になっている点で違います。
e0171510_19568.jpg

アゼナ(Lindernia procumbens)
学名からもわかるようにウォーターカーナミンやドリマリアなどと同じでリンデルニア属です。アゼナは水中育成が可能です。近縁種に葉の良く似た外来種のアメリカアゼナがあるが、こちらははっきりした鋸歯があるので区別できます。一度店で売っているのを見たことがあります。水田雑草の中では強健で、ほとんどの田んぼに生えてるかと思います。

+++

最後にこの前購入したリリィパイプ
e0171510_19101445.jpg

中身は旧型のリリィパイプでした。

店で見たとき、吸盤があり得ないほど劣化しており、店主曰くかなり昔のものだということ。
かなり出来の良いパイプでした。これ以外にもサポートタイプ対応のリリィパイプもありました。

リリィパイプを設置したこの水槽はこの前トリミングしてすでに新芽が出ています。
e0171510_19171288.jpg

ありゃりゃ、写りこみしてますね(汗
ワリッキーの成長が今現在1位です。

第一回目のトリミングなのでトリミングラインは同一ラインですが、完成に近づくにつれ、種類によってラインを変えるという技術を使っていきます。

飼育水はNAカーボンにより透明度が保たれています。


以上、ネタ3本立てでした。

ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-09-24 19:20

ホシクサ畑

キクモを探しに今日は山際の水田を捜索するが、今回も空振りに終わる。
しかし、探索の途中で圧巻の光景が。
(携帯の写真なので画像が汚いのはご了承ください)
e0171510_18405144.jpg

e0171510_1850599.jpg

ホシクサ畑。すごい、すごすぎる。標準和名は「ホシクサ」だと思われます。佐賀県RDBには記載がありません。

結構持って帰りましたが、花芽はやはり折れちゃいますね。
e0171510_18541549.jpg

花芽があまり伸びていないものを選びたかったのですが、自生密度が高すぎるため、一株ずつ選んで採取することは無理でした。。


ランキング参加中です。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-09-23 18:50

【水田探索】キクモを探せ!

本日は午後から水田探索に行きました。ミッションはキクモを探すという内容でしたが、今日はいろいろな水田雑草を観察することができました。今回は佐賀市のT地区の水田を探索しました。

まず、5年前に見つけた水草の自生地を久しぶりに観察。
e0171510_19294045.jpg

ミズオオバコ(Ottelia japonica)です。
環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類、佐賀県RDBカテゴリ:準絶滅危惧種
最近は養殖物を店で見ますね。一年草です。写真にも写ってますが、紫の花を咲かせます。

次に少し離れた水田に移動
e0171510_1937399.jpg

ミズマツバ(Rotala pusilla)
環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類
e0171510_19381948.jpg

ミズワラビ(Ceratopteris thalictroides)
佐賀県RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類

こちらの田んぼはミズマツバも観察され、比較的環境のよさそうな水田でした。
その後、100mほど離れた水田に移動。

e0171510_19431477.jpg

スズメハコベ(Microcarpaea minima)
環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類、佐賀県RDBカテゴリ:絶滅危惧Ⅰ類
これ見つけた時はビックリしました。水中葉ですね。ミズマツバもここでは水中葉の状態でありました。

この後、通り道の水田をひたすら探索するが、これといった植物が見られない。見られるのはアゼナなどの強健な草のみ。
e0171510_21313996.jpg

とちゅうでいい感じの放棄水田を見つけるが、新発見は無し。

そして、別の水田に移動
e0171510_1949697.jpg

ホソバヒメミソハギ(Ammannia coccinea)
帰化植物。ヒメミソハギより一回りほど葉が細く、また花の色が違う。見た目雑草ですが水中化する立派な水草です。
e0171510_19524651.jpg

キカシグサ、ミズマツバ、ミズワラビ、アゼナ、ホソバヒメミソハギ
e0171510_21355528.jpg

キカシグサとスベリヒユ
スベリヒユは畑の害草。なかなか枯れません。食べられるという話も・・・

そばの農業用ため池にはこんな水草。
e0171510_19531421.jpg

トチカガミ(Hydrocharis dubia)
環境省RDBカテゴリ:準絶滅危惧種
39の自治体でRDB指定を受けてます。うち、沖縄、愛媛、長野、群馬、神奈川は絶滅。

本日採集した植物の整理
・ホソバヒメミソハギ
・ミズマツバ
・キカシグサ
・ミズワラビ
・スズメハコベ
・トチカガミ
・オモダカ

お目当てのキクモは
Not Found!!
うーん、探し方が悪いんでしょうね。何年か前にも探して全くなかった記憶が。
一応環境省と佐賀のRDBを調べてみると・・・
指定無しOTZ

まぁ~探すときの苦労があるからこそ発見できたときの喜びは大きいんですよね。また時間を見つけて探しにいこうと思います。

最後に見つけたこの水草
e0171510_2274251.jpg

センニンモ(Potamogeton maackianus)
佐賀県RDBカテゴリ:準絶滅危惧種
葉先が凸型になってます。比較的水質の良い川に生えてます。同属で一般的なエビモに比べると水質悪化に弱いです。

最後に水草の探し方を写真を簡単に紹介します。

まずこちらの写真を見てください。
e0171510_2150532.jpg

あぜ道の色が左右できれいに分かれているのが分かりますか。
向かって左側の田んぼが除草剤使用、右側が除草剤未使用です。
e0171510_2157365.jpg

向かって右側の田んぼのアップ。いろいろな雑草が生えてます。
e0171510_21595460.jpg

向かって左側の田んぼのアップ。雑草がほぼ見られません。ホソバヒメミソハギがぽつんと生えてるだけです。

このように田んぼ一枚単位で環境が全く違いますので、当然生える雑草も田んぼ一枚一枚で違います。また、雑草が生える場所は畦と稲の間に露出する泥の部分です。稲の中は光が届かないので雑草は少なめです。
お目当ての水草が見つからないときも、一枚一枚隈なく田んぼを見ていきましょう。
また、放棄水田の場合はあまり遷移が進んでいないような田んぼに水田雑草が繁茂している場合が多いです。遷移が進んで陸地化している場合は期待できません。

プレ企画の抽選を後ほど行います。
結果は後ほどUP予定。


写真撮りすぎてUPするとき選ぶのが大変。ちょっと写真が多くなってしまいました。
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by itaduranikki | 2010-09-20 20:00
line

水草水槽管理、フィールド探索など、「水草」をとことん追求したブログです。


by itaduranikki
line